静岡県の魅力は

地方の町

多くの方が、静岡と言えば富士山と答えます。それだけ、静岡にとっては富士山が代表的なシンボルとなっているのです。
富士山は山梨県と静岡県をまたいでいる日本一高い山として有名です。その標高は3,776mで、2013年の6月22日にユネスコに世界の遺産として認められて世界遺産として正式な登録がされました。
また、美しい姿から多くの芸術作品にもモデルとして登場することから、世界でも高い評価を得ています。
芸術てきなだけではなく、3,776mですが、一般の方でも比較的登りやすい山として知られていて、夏の時期の登山者数は30万人ほどとなっている観光地としても有名というのも特徴です。
富士山は今まで多くの噴火を繰り返してきたことから、神の宿る山として信仰の対象でもある神聖な山となっています。最近ではそのような信仰は薄れてしまいましたが、現在でも山開きの際には担がれる神輿などの文化が残っています。
日本の芸術には度々富士山が登場します。荘厳で美麗な姿を日本最古の歌集である万葉集でも富士山の姿を詠んだ歌が残っているほど、芸術面でも大きな影響を与えました。
現在でも多くの写真家が美しい写真を撮影するなど、現在でも芸術的な価値は非常に高いです。

静岡はお茶の産地としても有名です。
全国の茶園の面積の40%は静岡が占めているほどの日本一の産地です。静岡は温暖な気候と日照時間が長いので日本でもっともお茶の栽培に適していると言われています。
また、富士山の美味しい湧き水に育てられたお茶はとても美味しいお茶を育てられます。
収穫時期は女性が茶摘みをする姿が見られます。
静岡市内の小学校ではお茶の入れ方などを実施しているので、子どもたちの多くもお茶への関心がとても高いです。
このように、子どものうちからお茶に対しての関心を高めることが静岡をお茶の生産日本一にしている理由にもなっています。

静岡県の伊豆半島には温泉地として有名な熱海があります。
熱海という名の由来は、海上に温泉が湧き昇っていたため、熱い海が崎と呼ばれたことから熱海という地名になったことが有名です。
温泉が有名で、江戸時代には熱海の温泉を御汲湯として将軍家に献上されていたことでも有名です。
現在では有名な温泉を有するリゾート地として知られていて、多くの方が熱海で温泉を楽しんでいます。
リゾート地としての印象が強いので、熱海にあこがれを持っている方も少なくありません。